ドットマトリックスLED表示器 視認性の良い、低消費電力設計

本ユニットは64x128㎜の外形に縦16横32個の2色高輝度LED表示素子を横32ドット縦16ドットの配列した表示パネルです。
表示ドライバ内蔵しており、数点の信号入力により表示の制御を行う事が出来ます。
表示ドライバ部分は、シフトレジスタ、ラッチ回路、スキャン軸デコーダと定電流ドライバ回路などで構成されます。
2色LED表示素子を使用しているため、赤/黄緑/橙の発光表示が得られます。

項目 仕様 単位 備考
MIN TYP MAX
表示色 赤、緑、橙   橙色は赤、緑混合色
発光波長 赤色 623 nm  
緑色 572 nm  
ドット寸法 2.1X2.1 nm  
ドット間ピッチ 4.0 nm  
ドット数 16X32(512) DOT  
表示面寸法 64X128 mm  
駆動電源 ロジック 4.75 5.0 5.25 V  
表示 3.1 3.3 3.5 V  
消費電流 ロジック 50 mA  
表示 1.0 A 2色全点灯時(赤0.3,緑0.7)
輝度 赤色 500 cd/㎡  
緑色 260 cd/㎡
点灯方式 1/16デューティ   ダイナミック点灯
スキャン速度 100~300 Hz  
信号転送速度 10 MHz RDATA,GDATA,CLOCK
動作温度範囲 -10~+45 結露なきこと
保存温度範囲 -15~+65 結露なきこと
重量 55    

視認角度(輝度半値角) 約120度(170度θ1/10)

信号・電源接続

入出力信号の仕様と機能

接続仕様

レベル=0~1.5V Hレベル=3.5~5V

信号の機能

RDATA

赤色の表示データ信号(シリアル信号)  正論理 Hレベルで点灯

GDATA

黄緑色の表示データ信号(シリアル信号) 正論理 Hレベルで点灯

CLOCK

表示データーのシフトクロック  立ち上がりでデータをシフトします。

LATCH

表示データを横1ライン分入力後、立ち上がりでデータを記憶します。
同時にスキャン軸の位置を+1増加させます。
またこの信号が一定時間内に入力されないと表示を消灯させる保護回路が動作します。(約2mS)

RESET

縦方向のスキャンアドレスを一番上にセットする信号です。
信号は入力後内部で記憶されLATCH信号の立ち上がりに同期して更新されます。
入力はROW1(一番上の列)の信号を転送中に行います。

REN

赤色表示の点灯/消灯を制御する信号です。
パルス入力により外部より輝度制御を行う事が出来ます。
Hレベルで点灯 Lレベルで消灯します。
パルスで輝度制御を行う場合はRESET信号の1周期を基準に1周期の中でパルス幅を制御して下さい。
非同期でパルス入力を行うと、表示のちらつきなどが発生する事が有ります。

GEN

黄緑色表示の点灯/消灯を制御する信号です。
パルス入力により外部より輝度制御を行う事が出来ます。
Hレベルで点灯 Lレベルで消灯します。
パルスで輝度制御を行う場合はRESET信号の1周期を基準に1周期の中でパルス幅を制御して下さい。
非同期でパルス入力を行うと、表示のちらつきなどが発生する事が有ります。

REN/GENを使用しない場合はオープンとして下さい。
※輝度100%になります。

基板上の輝度設定

本表示ユニットでは基板上で表示の輝度を設定する事が出来ます。
赤と黄緑色の個別の半固定ボリュームにて輝度の設定が行えます。
設定範囲は約10~100%です。

※ 桁組を行う場合は外部よりパルス制御にて輝度調整する事を推奨します。

信号入力タイミング

データー入力方向

外形